Linuxとは?

 Linuxとは、1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏が開発した、UNIX互換のOSである。Linuxとはカーネル(kernel)と呼ばれるOSの核を意味したが、Linuxカーネル上のシステムを指すことが一般的である。


 Linuxは0から書き起こされ、既存のOSのコードを流用していない。フリーソフトの開発や配布に使われるライセンス体系「GNU GPL」に基づいて、自由に改変、再配布が可能である一方、当該変更、配布部分をGPLで無償公開する必要がある。


 フリーソフトウェアとして公開されボランティアや、学術機関を中心に広まった。ソースコードが公開されているため、ベンダーが提供するものを使うのではなく、ユーザー同士がOSを更新し改良を加えたり、連携させたりすることによって価値を出す「オープンソース」関連の潮流の重要な役割を果たしている。


 Linuxは通常、コマンドやインストーラ、ユーティリティなど、システムの構築や運用に必要なソフトウェア群とともに配布される。カーネルとこれらのソフトウェアをまとめた配布パッケージをディストリビューションという。主なLinuxディストリビューションとしてパッケージ管理システムにdeb形式を利用しているDebian系とその派生のUbuntu系、RPMを使っているRed Hat系、Slackware系などがある。


 開発当初はIntelのx86系マイクロプロセッサを搭載したコンピュータのみ対応していたが、ボランティアにより64ビットのRISC型CPU「Alpha」、旧Sun MicrosystemsのUNIX向けマイクロプロセッサ「SPARC」、IBMの開発したワークステーション向けRISC型マイクロプロセッサ「POWER」をベースに開発したPC向けプロセッサ「PPC」などのプラットフォームに対応した。


 Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも動作し、多くのユーザーにより脆弱性や不備があった場合修正が加えられ続ける体制を持つためネットワーク機能やセキュリティ面で優位であり、安定性が高いとされる。必要な機能だけを選定してOSを再構築することが特長である。


 現在ではサーバ、メインフレーム、スーパーコンピュータ用OSの大きなシェアを持ち、金融や製造業をはじめ、ミッションクリティカルな業務へも採用されている。携帯電話、ネットワークルータ、カーナビなど組み込みシステムでの利用がが多いほか、スマートフォンやタブレット端末用のOS「Android」はLinuxカーネルで構築されている。


 最近では、オープンソースで開発できるクラウド環境を構築するソフトウェア群「OpenStack」などがベンダーロックインを排除するといった開発環境の変化に貢献しているがLinuxは世界中の多数の開発者が連携して開発する仕組みのきっかけを作ったともいえる。


関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  5. 5 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  6. 6 システムエンジニアリングサービス

    ソフトウェア開発や保守、運用などシステム全般について、業務運営に必要となるエンジニアを要求される期間に応じて提供するサービス。...(続きを読む)

  7. 7 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  8. 8 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  9. 9 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  10. 10 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

注目のキーワード

仮想プライベートデータセンター
特定の業務目的に応じてまとめられたリソースのこと。
続きを読む
スプリント
アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースの続きを読む
オペレーティングシステム(Operating System:OS)
コンピュータ上で基本的な機能を担うソフトウェアのこと。CPU、メモリ、入出力装置の管理などを行う中核...
続きを読む
Teradata PARTNERS
データウェアハウス(DWH)大手Teradataの年次コンファレンス。2016年はマルチクラウド環境のアナリティ...
続きを読む
SSP(Supply Side Platform)
媒体社(インターネットメディア)の広告枠の販売、収益最大化を支援するオンライン上のサービス。媒体...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]