サイバー攻撃とは?

社会インフラとして存在感を示すIT。日本政府が「国民生活及び社会活動に不可欠なサービスを提供している社会基盤」と定める重要インフラには、金融や航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流と並び、「情報通信」も列挙されている。ITの存在感が高まるにつれて、国家や団体の間でITを駆使した「戦争」ともいえる戦いが繰り広げられるようになった。重要インフラを支える産業機器を破壊しようとするウイルスや、機密情報を盗み出そうとするマルウェア、政治的な目的を持ってウェブサイトをダウンさせようとするなど、攻撃の度合いは増している。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 デジタル変革

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

  5. 5 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  6. 6 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  7. 7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  8. 8 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

注目のキーワード

クラウド指向アーキテクチャ(Cloud Oriented Architecture:COA)
クラウド内でアプリケーションがサービスとして動作し、クラウド環境内の他のアプリケーションに該当サ...
続きを読む
クラウドポータビリティ
アプリケーションやデータを、あるクラウドプロバイダーから他のクラウドプロバイダーにどの程度容易に...
続きを読む
Dreamforce
Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harri...
続きを読む
マルウェア
ウイルス、ワーム、スパイウェア、ボットなど悪意のあるソフトウェアを総称して「マルウェア」と呼ぶ。...
続きを読む
Amazon EC2
Amazonが提供する「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」というウェブサービスのこと。規模の変更が可...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]