編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

OSI参照モデルとは?

異なる機種間のデータ通信を実現するためにコンピュータが持つべき通信機能を、7階層に分割したモデル。ネットワークの機能を理解するための重要な考え方であり、国際標準化機構(ISO)が策定した規格である「開放型システム間相互接続(Open System Interconnect:OSI)」に基づく。

下位から順に、物理層(第1層)、データリンク層(第2層)、ネットワーク層(第3層)、トランスポート層(第4層)、セッション層(第5層)、プレゼンテーション層(第6層)、アプリケーション層(第7層)となる。

現在のネットワークでは、OSIより実装が容易で効率的なTCP/IPが広く採用され、実質的な業界標準となっている。

OSI参照モデルとTCP/IPモデルとの比較や各階層の役割は、こちらの図の通り。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  •  ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、... 続きを読む >

  • 企業が事業の一部を切り離し、新会社として独立させたり、他の企業に承継させたりすること。続きを読む >
  • CRM
    Customer Relationship Managementの略。ソフトウェアを利用して、顧客との関係を良好なものにし、自社... 続きを読む >
  • 消費者の情報を収集し、ほかの組織に販売する企業。 続きを読む >
  • SFA
    Sales Force Automationの略。ソフトウェアを利用して、企業が営業活動を効率化すること。顧客リストや... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]