編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「HTTP/2」仕様が承認される--HTTP/1.1以来16年ぶりのバージョンアップへ

Steven Musil Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-02-19 09:23

 ウェブページをさらに高速にブラウザに表示することを目的としたHTTP(Hypertext Transfer Protocol)規格の新しいバージョンをInternet Engineering Steering Group(IESG)が正式に承認した。同インターネットプロトコルが改訂されるのは16年ぶり。

 IETFのHypertext Transfer Protocol Bis (httpbis) ワーキンググループのチェアマンとして取り組みを統括するMark Nottingham氏のブログ投稿によると、「HTTP/2.0」の仕様が正式に承認されたという。同仕様は、最後の段階である「Request for Comment」のための文書化と編集作業を経て公開されると、Nottingham氏は記している。

 HTTPは、最も影響力のあるウェブ規格の1つである。同規格では、ブラウザがウェブサーバと通信してウェブページを読み込む方法が定められている。1999年に規定されたHTTP/1.1以来初の大幅改訂となるHTTP/2.0は、ウェブページ読み込みの高速化を目的としている。

 新規格は、Googleが2009年に発表したプロトコルであるSPDYをベースとしている。同技術は、Google独自の「Chrome」ブラウザ、Mozillaの「Firefox」、Microsoftの「Internet Explorer」の他、Facebookなど多数のウェブサイトやソフトウェアで採用されている。

 SPDYとHTTP 2.0の中核にある機能は接続の「多重化」である。多重化とは、ウェブブラウザとウェブサーバの間の多数のデータ転送リクエストをまとめて単一の基盤ネットワーク接続で送るようにする技術だ。演算リソースの観点において、こうした要求のセットアップにはコストがかかり、ウェブの複雑化に伴い、課題となっていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]