PaaSとは?

「Platform as a Service」の略称。CPUやメモリといったハードウェアを仮想的なリソースとしてユーザーに割り当てることに加え、OS、データベース、ソフトウェアの開発環境や実行環境なども合わせて、ネットワーク経由でサービスとして提供する形態。主な料金体系は月額課金。代表的なものとしてSalesforce.comの「Force.com」やMicrosoftの「Windows Azure」、Googleの「Google App Engine」など。ユーザーは利用できる言語にあわせてサービスを選択でき、アプリケーションフレームワークなども提供される場合もあり、より手軽にアプリケーションを実装できるというメリットがある。ハードウェアなどのインフラ提供のみであるIaaSよりも、開発など用途に応じて基盤を提供する分、システムを手軽に構築できることがメリット。ただ、その分IaaSより開発言語などに制限が出てくる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 デジタル変革

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

  5. 5 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  6. 6 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  7. 7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  8. 8 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

注目のキーワード

IoT
Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは...
続きを読む
SSP(Supply Side Platform)
媒体社(インターネットメディア)の広告枠の販売、収益最大化を支援するオンライン上のサービス。媒体...
続きを読む
ハイブリッドクラウド
社内で運用する「プライベートクラウド」と、AWSなど社外のクラウドである「パブリッククラウド」を必要...
続きを読む
サービタイゼーション
製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして...
続きを読む
BtoC(Business to Consumer)
ビジネス対コンシューマー。企業向けの製品やサービスを提供する事業であるBtoBに対し、直接個人客に向...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]