オムニチャネルとは?

店舗とオンラインストアなど、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合することを指す。このほかにも、消費者にはテレビ通販、カタログ、ソーシャルメディアなどさまざまなチャネルを使いこなしており、オンラインストアで買った商品をコンビニエンスストアなどの店舗で受け取るといった利便性の獲得も含まれる。モバイル端末の普及で消費者はいつでも買い物ができるようになっており、そうした状況に対応する考え方として注目を集める。マーケティング用語というイメージがあるが、実際には、顧客関係管理(CRM)や統合基幹業務システム(ERP)、サプライチェーンマネジメントシステム(SCM)などバックエンドの仕組みもかかわり、在庫や顧客などを1つの仕組みで管理することが求められるため、根の深い取り組みになり得る。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 IT企業の年頭所感

    IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年のトピックが見えてくる。...(続きを読む)

  5. 5 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  6. 6 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  7. 7 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  8. 8 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  9. 9 デジタル変革

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

  10. 10 データアナリティクス

    ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し、企業が意思決定を下すために行う。...(続きを読む)

注目のキーワード

CPU
CPU(Central Processing Unit)はコンピュータを構成する要素の一つで、入力装置や記憶装置からデータ...
続きを読む
レガシーシステム
企業にとっての価値が高いため、昔から使用され続けているコンピュータシステム、アプリケーション、テ...
続きを読む
スポンサー(エグゼクティブスポンサーとプロジェクトスポンサー)
プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトに対する最終的な権限を持つ人物を指す。エグゼ...
続きを読む
データセンターマネジメント
サーバやストレージ、ネットワーク機器などのITインフラを設置して運用するスペースを「データセンター...
続きを読む
インメモリデータベース
データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータ...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]