CRMとは?

Customer Relationship Managementの略。ソフトウェアを利用して、顧客との関係を良好なものにし、自社の収益増やブランド力向上などを図る活動のこと。営業活動の効率を高めるSFAは、CRMの一部と考えられる。具体的には、見込み客管理やマーケティング、アフターサービスやコールセンター業務など、顧客との接点にかかわわるさまざまな業務を含む概念。ここ数年は、2000年代前半にCRMの言葉が登場した際は、思ったような効果を発揮できないとの評価があったが、顧客との接点という意味での重要性は高く、最近は米Salesforce.comなどを軸にさまざまな企業がソフトウェアを提供しており、競争が激しくなってきている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  5. 5 IT企業の年頭所感

    IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年のトピックが見えてくる。...(続きを読む)

  6. 6 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  7. 7 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  8. 8 データアナリティクス

    ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し、企業が意思決定を下すために行う。...(続きを読む)

  9. 9 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  10. 10 デジタル変革

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

注目のキーワード

消費ベースの価格モデル
顧客に対するサービス提供期間ではなく、サービスの使用量に基づいて課金する価格モデルのこと。例とし...
続きを読む
クラウドストレージ
インターネットやその他のネットワークを経由して、顧客の持つデータをサードパーティーが運用する遠隔...
続きを読む
パブリッククラウド
サービスを購入したユーザーであれば誰に対してでも、インターネットを通じたサービスの提供を行うクラ...
続きを読む
AWS Summit
AWS SummitはAmazon Web Services(AWS)が世界20拠点で展開するツアー。 2017年、アマゾン ウェブ サー...
続きを読む
データセンター
サーバ、ストレージ、ネットワーク機器などを集中的に設置し、運用する施設のこと。ITインフラを効率的...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]