生成AI依存で客離れ、機械相手に取引する時代も到来--ガートナー

ZDNET Japan Staff

2024-04-24 13:54

 ガートナージャパンは、生成AIに過度に依存する企業で顧客離れが起こり、人間ではなくコンピューター同士が取引を行う時代が到来するとの展望を発表した。企業や組織は、本気でデジタル前提の新たな取り組みを進めなければならないとする。

 同社は、2027年までに生成AIに依存した顧客対応を続ける企業の80%で顧客離れが起きると予想する。生成AIは、応答の信頼性などがまだ未熟で、もっともらしい内容を生成する恐れや倫理性など、信頼性に関して第三者視点で評価する必要があると指摘する。

 バイス プレジデント アナリストの池田武史氏は、「単にテクノロジーに頼った提供をすることで、顧客の不信や不満を増大させていないか慎重な提供が推奨される。企業が顧客向けのインタラクションのサービスを提供する際には、人間が直接対応しているのか、それとも生成AIによる対応なのかを明示し、ユーザーの期待値をコントロールすることが重要」と述べる。

 また、機械が顧客なる世界も到来すると予想している。これは、コンピューター同士が商取引を行う新しい概念で、同社は「マシンカスタマー」と呼ぶ。池田氏は、「あらかじめ想定された範囲での製品やサービス調達など、理路整然とした交渉を行いやすい取引に関してシステム同士が直接交渉し、売買を行う仕組み」と解説している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]