AWSとは?

Amazonが提供するパブリッククラウド「Amazon Web Services」のこと。クラウド上のサーバを使った分だけ利用できる仮想サーバ「EC2」をはじめ、「Elastic MapReduce」でHadoopにも対応。リレーショナルデータベース「Relational Database Service(RDS)」、ストレージの「Simple Storage Service(S3)」「Glacier」など、 企業がコンピューティングで利用するほとんどの機能を提供している。今後、AWSのようなパブリッククラウドがどの程度まで企業の基幹システムに浸透するのか、セキュリティやバックアップなど事業継続性への取り組みなどに注目が集まる。SAPやOracleなどのERPもAWSに対応しており、着実にエリアを広げている。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 デジタル変革

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

  5. 5 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  6. 6 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  7. 7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  8. 8 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

注目のキーワード

行動分析
ユーザーの行動に関して収集されたデータを使い、意図を理解したり、将来の行動を予測したりする分析手法。
続きを読む
機密保持契約(Non-Disclosure Agreement:NDA
企業秘密など、慎重に扱うべき情報や機密性の高い情報を守るために結ぶ2者間での契約。
続きを読む
コスト差異(Cost Variance、CV)
アーンドバリューマネジメント用語。現在までの進捗状...
続きを読む
ホスト型ハイパーバイザ
サーバ仮想化の手法の1つ。ホストOS上で稼働する仮想化ソフトウェアであり、その上で仮想マシンが稼働す...
続きを読む
インメモリデータベース
データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータ...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]