SDNとは?

「Software-Defined Networking」の略。ソフトウェアでネットワークの構成や機能などを定義しようとするコンセプトのこと。これまでのネットワーク機器は、ハードウェアにOSがあり、その上にパケットの流れなどを制御するアプリケーションが載っていた。SDNでは、ネットワーク全体を1つのOSとしてとらえ、ソフトウェアでネットワークを制御する。サーバの仮想化が進んだことで、従来のネットワーク技術では柔軟性に課題があることから、注目を集めている。SDNの具体的な技術として、現在標準化が進みつつある「OpenFlow」がある。SDNとOpenFlowは、長い間プロプライエタリなビジネスモデルを展開してきたネットワーク機器ベンダーの製品を変えるものとしても注目されつつある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 GDPR

    EU一般データ保護規則のこと。EU加盟国に適用されてきた「データ保護指令」に替わり、新たに採択されたもの。適用が開始される2018年5月には...(続きを読む)

  5. 5 データアナリティクス

    ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し、企業が意思決定を下すために行う。...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 2要素認証

    2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

    ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれた...(続きを読む)

  8. 8 オーケストレーション

    システムを構成するプラットフォームやミドルウェア、サービス、アプリケーション、管理ツールなどの設定や管理を自律的に連携させること。...(続きを読む)

  9. 9 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  10. 10 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

注目のキーワード

ハードウェアアシスト
仮想化用語。ソフトウェアによって指定された命令を、コンピュータの物理プロセッサ側で処理し、仮想化...
続きを読む
インキュベーター
初期段階にある企業の発展を支援する組織のことで、支援対象とする企業の株式を交換条件とすることが多...
続きを読む
IT企業の年頭所感
IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年の...
続きを読む
ランサムウェア
マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセス...
続きを読む
クラウドバースティング
IaaSで用いられる概念。コンピューティングリソースの需要が極端に高まったピーク時(バースト)に、処...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]