クラウドコンピューティングとは?

大規模な広域ネットワークを利用したコンピュータリソースの利用形態のこと。 CPUやメモリなどのコンピュータの仮想的なリソースをネットワーク経由で利用するIaaS(Infrastructure as a Service)、CPUやメモリといったハードウェアを仮想的なリソースとしてユーザーに割り当てることに加え、OS、データベース、ソフトウェアの開発環境や実行環境なども合わせて、ネットワーク経由でサービスとして提供するPaaS、ソフトウェアを利用者が必要なときに呼び出して必要な分だけ使うSaaSなどの構成が代表的。 また、提供形態としては、不特定多数の利用者を対象に広く提供されるパブリッククラウドと、インターネットやプライベートな社内ネットワークを通じて不特定多数ではなく特定のユーザーに対してのみサービスを提供するプライベートクラウド、両社を複合的に統合したハイブリッドクラウドがある。 クラウドという言葉自体はその昔、公衆電話網を指すために使われていたが、現在ではインターネットを指すためにも用いられている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  4. 4 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  5. 5 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  8. 8 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  9. 9 脆弱性(ぜいじゃくせい)

    IT用語としては、コンピュータやネットワークに存在するセキュリティ上の弱点を指すことが多い。ソフトウェアのバグや、開発時に想定されていなかっ...(続きを読む)

  10. 10 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

注目のキーワード

ホスト型ハイパーバイザ
サーバ仮想化の手法の1つ。ホストOS上で稼働する仮想化ソフトウェアであり、その上で仮想マシンが稼働す...
続きを読む
IoT
Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは...
続きを読む
オープンソース
ソフトウェアのソースコードを公開して、改良や再配布を認めるという思想。

ソフトウェア...
続きを読む
データセンターマネジメント
サーバやストレージ、ネットワーク機器などのITインフラを設置して運用するスペースを「データセンター...
続きを読む
データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR