クラウドコンピューティングとは?

大規模な広域ネットワークを利用したコンピュータリソースの利用形態のこと。 CPUやメモリなどのコンピュータの仮想的なリソースをネットワーク経由で利用するIaaS(Infrastructure as a Service)、CPUやメモリといったハードウェアを仮想的なリソースとしてユーザーに割り当てることに加え、OS、データベース、ソフトウェアの開発環境や実行環境なども合わせて、ネットワーク経由でサービスとして提供するPaaS、ソフトウェアを利用者が必要なときに呼び出して必要な分だけ使うSaaSなどの構成が代表的。 また、提供形態としては、不特定多数の利用者を対象に広く提供されるパブリッククラウドと、インターネットやプライベートな社内ネットワークを通じて不特定多数ではなく特定のユーザーに対してのみサービスを提供するプライベートクラウド、両社を複合的に統合したハイブリッドクラウドがある。 クラウドという言葉自体はその昔、公衆電話網を指すために使われていたが、現在ではインターネットを指すためにも用いられている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2017年は11月最終週から12月第一週にかけて米ラスベガスで開催され、「Kubern...(続きを読む)

  4. 4 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  8. 8 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  9. 9 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  10. 10 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

注目のキーワード

ベンチャーキャピタリスト
ベンチャーキャピタル企業に勤める投資家で、特定の企業への投資を判断する。通常、ベンチャーキャピタ...
続きを読む
ポストPC
これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W...
続きを読む
仮想プライベートデータセンター
特定の業務目的に応じてまとめられたリソースのこと。
続きを読む
プロジェクトスケジュール
どのようにプロジェクトを完了させるかが書かれている。この資料には、必要なアクティビティ、作業の順...
続きを読む
起業家
将来発生しうるすべてのリスクと報酬を背負ってベンチャービジネスを立ち上げる個人のこと。
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]