コンテナ型データセンターとは?

「モジュール型」とも呼ばれる。従来のデータセンターは、まず建物を建築し、その中にサーバやネットワーク機器などのハードウェア、付随する空調機器やそのほかの設備を押し込めていく。一方、コンテナ型の場合は、ハードウェアをある程度数を揃え、トラックに載せるようなコンテナとしてパッケージ化して追加するという仕組みを採用している。日本では、国土交通省の通達で、コンテナ型データセンターは建築物ではないとされたことから、2011年から設置が認められるようになった。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 2要素認証

    2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

    ハッキングや情報漏えいなどを通して盗まれた...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 GDPR

    EU一般データ保護規則のこと。EU加盟国に適用されてきた「データ保護指令」に替わり、新たに採択されたもの。適用が開始される2018年5月には...(続きを読む)

  6. 6 データアナリティクス

    ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し、企業が意思決定を下すために行う。...(続きを読む)

  7. 7 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  8. 8 オーケストレーション

    システムを構成するプラットフォームやミドルウェア、サービス、アプリケーション、管理ツールなどの設定や管理を自律的に連携させること。...(続きを読む)

  9. 9 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  10. 10 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

注目のキーワード

分社化
必要な分野に集中し、効率的な経営を行うために特定の単位で事業を企業本体から切り離し、別会社とする...
続きを読む
コンテナ型データセンター
「モジュール型」とも呼ばれる。従来のデータセンターは、まず建物を建築し、その中にサーバやネットワ...
続きを読む
データアナリティクス
ソフトウェアベースのクエリとアルゴリズムによってデータを検証すること。その情報について結論を出し...
続きを読む
クリックストリーム分析
ユーザーがウェブページでクリックするアイテムに基づいて、ユーザーのオンラインでの活動を分析すること。
続きを読む
デューデリジェンス
投資家が投資の可能性を探るため、すべての事実関係や数値を分析すること。財務記録やROI(投資対効果)...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]