編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

ヴイエムウェアのコンテナ化戦略を読み解く

Janakiram MSV (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-09-30 07:15

 Gartnerのアナリストらは「Forecast Analysis: Enterprise Application Software, Worldwide, 2Q15 Update」(業界の予測と分析:世界における企業アプリケーションソフトウェア--2015年第2四半期改訂版)と題したレポートで、企業におけるアプリケーションの近代化というトレンドが台頭してきていることを取り上げている。最近の調査によると、オンプレミス環境上の中核アプリケーションの近代化を優先課題の上位5項目に挙げている企業は45%に上っているという。

 また、Gartnerは2020年までに企業アプリケーションの75%が購入ではなく、開発をベースにしたモデルになると予想している。つまり、店頭販売のアプリケーションやパッケージアプリケーションではなく、クラウドネイティブなSaaSアプリケーションの開発が主流になっていくというわけだ。


提供:VMworld

クラウドネイティブなコンピューティングへの道

 そのような道に進んでいくなかで、企業顧客はマルチテナントに対応した近代的かつ伸縮性の高いコンポジットアプリケーションの開発や配備をサポートできるクラウドネイティブなプラットフォームに多大な投資をすることになる。Hewlett-Packard(HP)やMicrosoft、VMware、Red Hatといった従来のインフラベンダーは、この機会を察してクラウドネイティブなプラットフォームへの投資を始めている。

 最近設立された「Cloud Native Computing Foundation」には、Microsoft以外の数多くのプラットフォーム企業が参加している。とはいえMicrosoftも、VMwareを含むこれらプラットフォーム企業と同様に、ポスト仮想化時代を生き抜こうとしている。そしてVMwareとMicrosoftはいずれも、ハイパーバイザと仮想化技術に大きく投資してきており、興味深いことに両社はコンテナ化の推進や拡張に向けて似たようなアプローチを採用している。

 VMwareは、最近開催した「VMworld 2015」カンファレンスにおいて、顧客がクラウドネイティブなパラダイムを採用しつつ、レガシーアプリケーションを容易にコンテナ化できるようにする一連の新テクノロジを披露した。そして、Microsoftが「Windowsコンテナ」と「Hyper-Vコンテナ」の2つを推進しているように、VMwareは「VMware vSphere Integrated Containers」と「VMware Photon Platform」という2つの製品で勝負に出ようとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]