アプリケーションプログラミングインタフェース(API)とは?

既存のソフトウェアから一部の機能を呼び出して別のソフトウェアで利用できるようにするための、規約や関数をまとめたもの。

ソフトウェア開発の際、すべての機能を一からプログラミングするのは困難だが、APIを利用すれば、機能を呼び出すための短いプログラムを書くだけでその機能を利用できるようになる。

OSなどが備える汎用的な機能を呼び出すためのAPIや、外部のサービスが提供する機能や情報をインターネット経由で呼び出すためのAPIがある。後者は「ウェブAPI」や「オープンAPI」と呼ばれることもある。

近年、さまざまなAPIを組み合わせてアプリケーションを素早く構築するケースが増えている。同時に、自社のアプリケーションや情報をAPIで公開し、利用してもらうことにより価値を生み出すという仕組みが広がりつつあり、この仕組みは「API経済圏」とも呼ばれる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]