情報漏えいとは?

情報漏えいは、常に/既にIT管理者の頭を悩ませる問題だろう。まず、外部からの攻撃はより巧妙で複雑になっており、いくら気をつけていても、いくら投資しても、安心できる状況にない。さらにやっかいなのは内部からの情報漏えいだ。情報が漏えいする原因で非常に多いのが紛失・盗難で、車上荒らしや電車でカバンを置き忘れてしまうケースが考えられる。しかし、もっともやっかいなのは、システムを知り尽くした「内部犯」による情報漏えいだ。ある者は金に困り、ある者は退職した企業を恨んで、犯行におよぶことがある。情報漏えいではセキュリティソフトの導入やポリシー策定などで「やった感」を持ってしまいがちだが、情報システムに携わる者として、「GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)」全体を俯瞰する包括的な視点を持ちたい。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  5. 5 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  6. 6 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  7. 7 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

  8. 8 Oracle OpenWorld

    米Oracleが毎年秋に実施している年次カンファレンス。9月もしくは10月にかけて、米サンフランシスコで開催される。...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

注目のキーワード

出来高(Earned Value、EV)
特定の時点までに完了した作業全体を評価するのに使用する...
続きを読む
サイバー攻撃
社会インフラとして存在感を示すIT。日本政府が「国民生活及び社会活動に不可欠なサービスを提供してい...
続きを読む
コスト差異(Cost Variance、CV)
アーンドバリューマネジメント用語。現在までの進捗状...
続きを読む
社内クラウド
プライベートクラウドの一種であり、IT部門が自社組織のためにサービスを提供するというもの。
続きを読む
IT企業の年頭所感
IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年の...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]