編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
海外コメンタリー

ヴイエムウェアのコンテナ化戦略を読み解く - (page 3)

Janakiram MSV (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-09-30 07:15

自社組織に適したプラットフォームの選択

 VMwareは、企業が自社のシナリオに合わせてプラットフォームを選択できるよう、VICとPhoton Platformという2つのプラットフォームを用意したわけだ。従来型のワークロードやレガシーアプリケーションを抱える顧客は、VICを検討することになるはずだ。これによりアプリケーションの大改修を強いられずに、容易な移行を実現するパスがもたらされる。そして、このテクノロジは永続的かつ複雑なネットワークトポロジーをサポートするため、既存のアプリケーションに与える影響を最小限にしながらコンテナ化が可能になる。コンテナのエコシステムから見た場合、これらはVMではなくコンテナとなるため、クラウドネイティブなアプリケーションとの相互運用が可能になる。

 Photon Platformは、クラウドネイティブという原則に基づき、過去の因習にとらわれないグリーンフィールドアプリケーションの配備を見据えたものだ。このテクノロジの集合体によって、迅速なスケールアップが可能になるとともに、コンテナ化された近代的なアプリケーションの持つアジリティとスピードが実現できるのだ。

これらのテクノロジへの投資に踏み切るべきか?

 今のところは、腰を据えて動向を見極めるのが最善の戦略と言えるだろう。VMwareはOSを開発した経験を持ち合わせていない。そして、Photon Platformはまだできて間もないため、大々的な採用に向けた準備が整っていない可能性もある。その一方でVICは、VMwareのコンテナ化テクノロジに向けた低リスクなパスを提供する。顧客は投資の前に双方の選択肢を注意深く評価するべきだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]