BYODとは?

「Bring Your Own Device」の略で、従業員の私物デバイスを業務で利用すること。業務で利用する携帯端末は会社から支給されるケースが多かったが、PCの高性能化やスマートフォンの普及によって、従業員は個人所有のデバイスを業務で利用するようになってきた。日本の場合、2011年3月の東日本大震災以降にBYODを解禁する動きが顕著になってきている。一方、BYODは個人にとっての利便性こそ高いものの、ウイルス感染や機密情報の漏洩などセキュリティ上のリスクを無視できないことから、解禁を躊躇する企業も多い。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  6. 6 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2016年5月に米フロリダ州オーランドで開催した「Sapphire Now 2016」ではMicrosoft...(続きを読む)

  7. 7 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  8. 8 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 Gartner Symposium

    IT調査会社のガートナージャパンが開催するイベント。CIOをはじめとする ITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントと同社は説明...(続きを読む)

注目のキーワード

仮想プライベートクラウド(Virtual Private Cloud:VPC)
共有型のクラウド、すなわちパブリッククラウド内に作られたプライベートクラウドのこと。一例として「A...
続きを読む
出来高(Earned Value、EV)
特定の時点までに完了した作業全体を評価するのに使用する...
続きを読む
ウェアラブル
文字通り、身につけられる端末によるITの新しい活用方法を指す。具体的には「グーグルグラス」で知られ...
続きを読む
農業IoT
IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを...
続きを読む
分社化
必要な分野に集中し、効率的な経営を行うために特定の単位で事業を企業本体から切り離し、別会社とする...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR