編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

BYODとは?

「Bring Your Own Device」の略で、従業員の私物デバイスを業務で利用すること。業務で利用する携帯端末は会社から支給されるケースが多かったが、PCの高性能化やスマートフォンの普及によって、従業員は個人所有のデバイスを業務で利用するようになってきた。日本の場合、2011年3月の東日本大震災以降にBYODを解禁する動きが顕著になってきている。一方、BYODは個人にとっての利便性こそ高いものの、ウイルス感染や機密情報の漏洩などセキュリティ上のリスクを無視できないことから、解禁を躊躇する企業も多い。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  • オペレーティングシステム(OS)の1種。1960年代後半にAT&T社ベル研究所で開発された。当初よりマルチユ... 続きを読む >
  • プロジェクトの作業を論理的に大きくグループ化したものだ。フェーズは主要な成果物や関連する一連の成... 続きを読む >
  • ソフトウェアベースのアルゴリズムと統計を使って、データが持つ意味を解き明かす手法。 続きを読む >
  •  デジタル教科書とは、デジタル機器や情報端末向けの教材。教員が電子黒板などを使って児童生徒に提... 続きを読む >

  • これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]