データウェアハウス(DWH)とは?

企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースあるいはシステム。企業はこれをマーケティング向け等に抽出、分析し、意思決定に活用する。

異なるシステムから取得したデータの相関関係を見出し、例えば「特定の日に特定の商品の売り上げが高い」といった具体的な情報を把握することができる。

提唱者のWilliam H. Inmon氏によると、DWHは「サブジェクト志向、統合された、時系列、変更不可といった特性を持ち、経営の意思決定を支援するデータの集合」である。つまり、データは「販売管理」「経理」といった基幹系システムの機能ごとではなく、「顧客」「製品」「店舗」「売上」など特定のサブジェクトごとに整理される。データ名称や単位は一貫性のあるものに統合して分析される。データは時系列で蓄積され、更新されることはなく、「売上推移」といったデータの履歴を把握できる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IT企業の年頭所感

    IT企業が年明けに発表する経営トップによる所感。毎年数多くの年頭所感が寄せられ、総覧するとその年のトピックが見えてくる。...(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  7. 7 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  8. 8 POODLE脆弱性問題

    SSL 3.0における中間者による情報漏えいの脆弱性(CVE-2014-3556)。2014年10月に公表された。POODLEの名は「Pad...(続きを読む)

  9. 9 脆弱性(ぜいじゃくせい)

    IT用語としては、コンピュータやネットワークに存在するセキュリティ上の弱点を指すことが多い。ソフトウェアのバグや、開発時に想定されていなかっ...(続きを読む)

  10. 10 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

注目のキーワード

ディスラプティブ技術
製品やサービスが予期しない方法で改善されることで、ものごとを成し遂げる方法と市場の双方に変革がも...
続きを読む
コンテナ型データセンター
「モジュール型」とも呼ばれる。従来のデータセンターは、まず建物を建築し、その中にサーバやネットワ...
続きを読む
スクラム
アジャイル開発の手法の1つ。反復的開発方式の1つで、ソフトウェアプロジェクトの管理に使用される。ス...
続きを読む
ベンチャーキャピタリスト
ベンチャーキャピタル企業に勤める投資家で、特定の企業への投資を判断する。通常、ベンチャーキャピタ...
続きを読む
アメリカズカップ
世界最高峰の国際ヨットレースで「海のF1」とも呼ばれる。2016年には、その予選最終戦「ルイヴィトン・...
続きを読む

キーワード解説とは