ダッシュボードとは?

経営陣などがデスクトップデバイスやモバイルデバイス上で活動状況の概要を一目で把握できるグラフィックレポート。多くの場合、この高度なグラフィックレポートは、青信号(すべての業務が正常)、黄色のアラート(業務にある程度の影響がある)、赤色のアラート(業務が停止している)の機能を備えている。このようにイベントや業務が「目の届くところ」に可視化されるため、従業員は業務の状況を追跡し、必要に応じて詳細な部分まで迅速に掘り下げて確認することができる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  7. 7 Dreamforce

    Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harris氏は、基...(続きを読む)

  8. 8 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2016年は11月最終週から12月第一週にかけてラスベガスで開催した。ストレージサービ...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

注目のキーワード

ビッグデータ
企業内外の膨大なデータから有益な情報を見つけ出そうという動きを「ビッグデータ」という。企業の内側...
続きを読む
サプライチェーンマネジメント(SCM)
原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高...
続きを読む
データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む
スクラム
アジャイル開発の手法の1つ。反復的開発方式の1つで、ソフトウェアプロジェクトの管理に使用される。ス...
続きを読む
IBM World of Watson
IBMが開催するWatsonを中心とするユーザーイベント。2016年は、前年までの大きなイベントである「Inter ...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR