Linuxノウハウ

「Fedora Linux」から「Ultramarine」に移行して使いやすさを高めるには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-06-13 07:45

 「Fedora Linux」はその誕生以来、長い進歩を遂げてきた。5年前なら、筆者がこのディストリビューションを初心者ユーザーに薦めることはなかっただろう。「Linux」初心者には、「Ubuntu」や「Linux Mint」「Elementary OS」をお薦めすることが多いが、Fedoraもそれらに大きく劣っているわけではない。

 だが、「Ultramarine Linux」を追加すると、Fedoraはさらに使いやすくなる。

 Ultramarineは、Fedora LinuxをベースにしたLinuxディストリビューションであり、ユーザー体験を簡素化することを目指している。Ultramarineの開発者たちは、追加のリポジトリー(インストールできるソフトウェアの選択肢が広がる)、すぐに利用可能なマルチメディアコーデック(面倒な手順を経ずに、ほとんどの種類の音声ファイルや動画ファイルを再生できる)、「合理的なデフォルト」(OS体験を最初のログインから可能な限り円滑にする)を導入した。

 Ultramarine Linuxを最初に取り上げたとき、筆者はUltramarine Linuxの「Flagship」エディションについて、2023年の最優秀デスクトップの候補だと主張した。Ultramarineの開発元が先頃、「Fedora 40」をベースにした「Lost Umbrella」をリリースしたので、試してみたくなった。

 筆者は最新リリースのISOイメージを入手し、仮想マシンとして「VirtualBox」にインストールした。インストールはシームレスに完了したが、これは意外なことではない。結局のところ、現在では、Linuxのインストールはアプリケーションのインストールと同じくらい簡単になっている。

 インストールの完了後、再起動してログインすると、「Budgie Desktop」が表示され、筆者のニーズに合わせて設定できる状態になった。

 だが、ちょっと待ってほしい。Ultramarineはすぐに使用を開始できるのではなかったのか。その通りだ。おそらく、ほとんどのユーザーはすぐに使用を開始できるはずである。筆者はデスクトップの使い方にこだわりがあるので、いつもメニューを微調整する必要がある。

 Ultramarine Linuxは、手間をかけて完全なインストールを実行しなくても、使用することが可能だ。すでにFedora Linuxのインスタンスを実行している場合は、それをUltramarine Linuxに移行させるだけで済む。移行によって現在の環境に多くの変更が加えられることはない。実際、大多数の変更は内部で実行されるため、ユーザーはほとんど気づかないだろう。

 移行バージョンと公式バージョンでは、メニューが異なる。例えば、フルバージョンでは、メニューに「Hot Corners」の項目があるが、移行バージョンでは、その項目はない。

 筆者は、デフォルトのFedoraで、その方法をテストすることにした。具体的には、Ultramarine Linuxに移行して、Budgie Desktopをインストールした。そして、非常に満足できる結果が得られた(この方法では、Ultramarineのクールな壁紙を入手できないが、少し検索すれば、簡単に見つかるはずだ)。

 FedoraからUltramarineに移行する具体的な手順を以下で解説する。

Fedora LinuxからUltramarineに移行する方法

 必要なもの:必要なのは、Fedora Linux(バージョン40)の実行中のインスタンスとsudo権限を持つユーザーだけだ。それ以外のものは不要である。それでは、実際に移行してみよう。

1. Fedoraを更新する

 最初に、更新を実行することをお薦めする。これを行うには、ターミナルアプリケーションを開いて、以下のコマンドを実行する:

sudo dnf update

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]