海外コメンタリー

驚くほどカスタマイズ性が高く、高速な「Ultramarine Linux」Flagshipエディション

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2023-12-05 06:30

 筆者は常々、さまざまな「Linux」ディストリビューションによってデスクトップ環境が全く異なるものへと変容するさまを見て楽しんでいる。「Ultramarine Linux」の「Flagship」エディションもその例に漏れない。筆者は以前から「Ubuntu Budgie」を使用してきており、そのルック&フィールに慣れ親しんでいる。このため、Ultramarine LinuxのFlagshipエディションをインストールした際、驚くようなことにはならないだろうと高をくくっていた。

Ultramarine Linux Flagshipの画面
Ultramarine LinuxのFlagshipエディションの見た目や振る舞いを自分の好みに合わせるには数分しか要しなかった。
提供:Jack Wallen/米ZDNET

 しかし筆者の考えは間違っていた。

 インストール直後の状態では暗めのテーマがデフォルトとして設定されており、レイアウトは極めてありきたりのものだった。しかし、(Ubuntu Budgieにはない)ちょっとした調整を加えるだけで、Ultramarine LinuxのFlagshipエディションは極めて良い感じの見た目になった。こうした調整のいくつかは、少しばかり調査が必要だった(例えば、「App Launcher」を完全に自らの好みにするなど)ものの、ほとんどの点においてとても簡単に実行できた。

 筆者が今後新たにLinuxをインストールする際には、Ultramarine LinuxのFlagshipエディションを選択する可能性が極めて高いと言っても言い過ぎではないだろう。

 では、Ultramarine LinuxのFlagshipエディションとはどのようなものなのだろうか。まず、Ultramarine Linuxにはいくつかの異なるフレーバーが用意されている(そのうちの1つが、Budgieデスクトップ環境を採用しているFlagshipエディションだ)。この他のフレーバーには以下がある。

  • 「GNOME」エディション
  • 「Pantheon」エディション
  • 「KDE Plasma」エディション

 これら4つのエディションは全て公式のダウンロードページからダウンロードでき、市販のハードウェアへのインストールや、仮想マシンとしてのインストールが可能だ。

 Ultramarine Linuxは「Korora Linux」の「精神を受け継いだ」OSであり、「ちゃんと使える」Linuxバージョンを配布するという目標を持っている。また、このディストリビューションは「Fedora Linux」をベースにしている一方、インストール直後のFedora Linuxよりもカスタマイズ可能な部分がはるかに多い。ただ大きな違いの1つとして、米国の特許法が課す制約により、ある種のアプリケーションはFedora Linuxのインストールパッケージに含められない点を挙げることができる。

 Ultramarine Linuxはタイで作られているディストリビューションなので、そうした制約には縛られない。このため、(特定形式のメディアファイルを再生するという場合でも)「ちゃんと使える」アプリが用意されている。つまり、MP3やM4V/MP4といったコーデックでエンコードされたファイルを正しく再生できるようにするために、ユーザー側でサードパーティー製のソフトウェアをダウンロードし、インストールしなくても済むようになっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]