編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

バックアップとは?

情報システムにおけるバックアップとは、サーバダウンなどのシステム障害が発生してデータを失ってしまう事態に備え、データの複製をあらかじめ作成しておくことを指す。問題が起きてもデータを復旧できるようなソフトウェア、ハードウェア、人的な体制全体を指すこともある。2012年は、レンタルサーバ事業者のファーストサーバがシステム障害を起こし、顧客が持つ大量のデータを消失させた事件が起きた。重要なデータを他社に預けることの是非にまで議論が発展。重要なトピックになっている。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  • NoSQL(Not Only SQL)とは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)ではないデータベース(D... 続きを読む >
  • 顧客が自らの必要に応じてクラウドサービスを購入できるモデルのこと。一例として、あるプロジェクトの... 続きを読む >
  • 株式と借入金の割合など、企業の資本構成を再編成すること。資本再構成の目的としては、エグジットの準... 続きを読む >
  • さまざまなソースのデータおよび/あるいは機能を組み合わせてウェブベースのアプリケーションを作り出... 続きを読む >
  • Amazonが提供する「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」というウェブサービスのこと。規模の変更が可... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]