編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Hadoopディストリビューション「MapR」最新版が公開--リアルタイム分析を強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-19 12:50

 オープンソースの「Apache Hadoop」ディストリビューションのベンダーであるMapR Technologiesは米国時間2月18日、「MapR Distribution」の最新バージョンを公開した。ビッグデータのリアルタイム処理能力を向上させたという。

 Hadoopの導入によって、企業はある程度のリアルタイムアナリティクスを実現しているものの、この最新バージョンでは、大企業がしばしば直面する、地理的にまたがった環境から生み出される問題の低減を目指している。


 バージョン4.1では、地理的にまたがるアクティブな複数のレプリカクラスタを駆動したり、障害復旧性能の向上を目的とした「MapR-DB」のテーブルレプリケータが搭載されている。また、MapR-DB用のC言語APIが新たに用意され、エンジニアがC言語を使用してHadoopのリアルタイムアプリを記述できるようにもなっている。

 MapRの製品管理担当シニアバイスプレジデントAnil Gadre氏は声明で「MapR Distributionの最新バージョンは、地理的にまたがった場所におけるビッグデータやファーストデータのリアルタイムでの分析を可能にすることで、業務データの発生と同時により深い洞察をもたらすとともに、そうしたデータに基づいた行動を可能にする」と述べている。

 リアルタイムアナリティクスに向けた動きは、MapRの戦略にかなり以前から組み込まれている。MapRの最高経営責任者(CEO)John Schroeder氏は米国時間2014年12月に行われた米ZDNetとのインタビューで、Hadoopを使用している企業はユースケースを広げつつあり、基盤であるHadoopまわりの制約に縛られた設計をしたくないと考えるようになっていると説明していた。

 「リアルタイムのユースケースがどんどんと増えてきており、それにより顧客はMapRに目を向けるようになってきている」(Schroeder氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]