編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

RDB市場を浸食するNoSQLデータベース--数字で見る変化

Matt Asay (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-03-10 06:30

 企業は、あらゆるエンタープライズテクノロジの中で、自分たちが選んだデータベースに一番肩入れするものだ。そしてデータがいったん特定のデータベースに入ってしまったら、最高情報責任者(CIO)はそれを取り出すことを嫌う。そうするのは費用がかかるし、メリットよりもリスクの方が上回ることが多いからだ。

 だからこそ、求人やソーシャルメディアなどのデータを詳しく調べてみると非常に面白い。そうしたデータは、NoSQLデータベースへの関心がこれまでにないほど高まっていることを示している。間違いなく、データベース市場には何か大きなことが起こっており、その相当な部分がビッグデータの採用によって後押しされている。

 Oracleが近いうちにデータベース事業から撤退する見込みはないものの、NoSQLに輝かしい未来が待ち受けていることは確かだ。

NoSQLの果てしない興隆

 (ソーシャルメディアやニュース記事などで)言及された量だけで比較すれば、「MongoDB」は明らかにデータベース分野を支配している。(ここで注意すべき点は、残念ながら「Cassandra」のデータは収集が難しいということである。「Cassandra」という単語は、データベース関連以外の幅広いトピックで使われていて、正確に区別できないためだ)

 しかし、メディアでの言及数のデータで一番興味深いのは、その変化だ。全てのNoSQLデータベースは成長しつつあり、一部はかなりの成長を見せている。そしてその大半が「MySQL」の減少とともに成長していることだ(図A)。


図A:メディアによる言及の比率

 Oracleと「SQL Server」(このデータには表示されていない)はほぼ変わらず(「IBM DB2」は減少し続けているが)、「PostgreSQL」も同様である。

 しかしなぜMySQLなのだろうか。かつてのオープンソースのシンボルは、減少し続けている。

 DB-Enginesのランキングのように、雇用のデータや、データベースへの関心についての他の指標を加えると、やはりMySQLが減少した分、上位のNoSQLデータベースが著しく増加しているのが分かる(図B)。


図B:DB-Enginesによるランキング

 こうしたトレンドを無視して、生の数値データ(図C)だけを見ると、NoSQLデータベースの道のりはまだ長いことがはっきりする。


図C

 しかし同様に明らかなのは、NoSQLデータベースが正しい方向に向かっており、Oracleを除いて、従来のリレーショナルデータベース(特にMySQL)はいずれも、NoSQLデータベースのせいで多少の打撃を受けていることだ。実際のところ、大半のNoSQLデータベースの直近の増加は、MySQLの減少分から来ると言ってもいいだろう。

 なぜだろうか。それは、MySQLが当初、より新しい(規模などを必要とする)ワークロードと、より若い開発者によってスタートしたからだ。こうしたワークロードに、よりうまく適合する代替サービスが存在する今となっては、この無料オープンソースデータベースを捨てて別の無料オープンソースデータベースに移行する方が、ともに非常に高額であるOracleやSQL Serverを捨てるのよりも簡単なのである。

 確かに、皮肉に聞こえるかもしれないが、Oracleの価格の高さが、最大の防御になることも多いのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]