RDB市場を浸食するNoSQLデータベース--数字で見る変化 - (page 2)

Matt Asay (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年03月10日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

Oracle:徐々に下がる売り上げ

 しかし、そのOracleでさえ、大変な問題を抱えている。Aerospikeのバイスプレジデント、Peter Goldmacher氏は「全てのレガシー系企業は死を迎えようとしている。(ただしOracleが)死ぬのは最後だ」と主張している。これは1つには、Oracleは、従来のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の中では、技術的に最も優れたデータベース製品だからだ。しかしもう1つには、Oracleが市場シェア第1位であり、多くのデータベース管理者の忠誠を得ているからということもある。

 したがって、Oracleの死が大激変として訪れることはないだろう。むしろ、イギリスの詩人であるT.S.エリオットの有名な詩の一節にならえば、「(Oracleのデータベースの)世界はこのようにして終わる。激しい音ではなく、むしろすすり泣きのうちに」ということなのだ。

 Oracleの新規ライセンスの売上高を見ると、その意味がはっきりする。何年もの間、同社の新規ライセンス売上高は、総売上高の37%程度で推移してきた。RedMonkのアナリストのStephen O'Grady氏が言うように、「クラウドの売上高を含めても含めなくても、Oracleの総売上高のうち新規ライセンスの販売によるものは明らかに少数であり、その割合は減少しつつある」のである。

 下記のグラフ(図D)は、その状況だ。これもO'Grady氏の分析に基づく。

figure_5
図D:オラクルの新規ライセンスによるソフトウェア売上高の比率(2000年~2013年の推移)

 要するに、「Oracleのソフトウェア売上高の増加は、新規顧客からではなく、既存顧客から生じることが多くなっている」のである。それは、Oracleが、インストールベースからより多く利益を搾り取っているからであり、その傾向はさらに進んでいる。

 しかし、この同じインストールベースが、NoSQLにふさわしい新しいワークロードを求めて、Oracleの先を見ているのは明らかだ。そうなると、従来のワークロードをめぐる争いは起きない。Oracle(あるいはSQL ServerやDB2)の上で問題なく動作するアプリがあるのなら、それを変える理由はほとんどない。

 しかし、頻繁なデータタイプの変更を必要とするアプリや、水平市場の規模や、コモディティの規模から利益を得るような別のアプリには、そうした最新のワークロードを最新のデータベース上で動かした方が楽だろう。

未来を予想する

 現在の市場シェアに激しい変動が起こることを期待すべきではない。最初の1組の円グラフで分かるように、現在では、業界のメディア露出から本当の動きが始まる。人々は、データに関する新たなニーズを持つようになるにつれて、そうしたニーズに対応するために、NoSQLシステムの中でも特にMongoDBやCassandraについて言及することが多くなる。

 しかし、言及するだけならたやすいことだ。

 NoSQLデータベース普及の次の段階が、雇用データに見られるのはそのためだ。絶対数で言えば、Indeedのデータが示す通り、MySQLはまだ、どのNoSQLシステムよりもはるかに多い。ただし、Oracle、SQL Server、MySQLの3つには、求人の絶対数に明らかな減少が見られる。

 しかし、相対的な増加率を見ると、事態がどこに向かっているかが一段とはっきりする(図E)。

figure_6
図E:Indeed.comの調査による求人トレンド

 ビッグデータがさらにビッグになる中で、企業はますますHadoopやこうした主要なNoSQLデータベースに頼るようになるだろう。先に示したように、NoSQLデータベースが、増えつつある新しいワークロードのシェアを獲得するのと同じように、既存のワークロードのRDBMSの地位を奪うことはないだろう。

 初めはMySQLに最も大きな影響が及ぶ。しかし時間とともに、Oracleを含めた全てのRDBMSがリスクを負うことになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]