編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アプリ改修は基本不要--Oracle DB互換の「Tibero」はどこまで使えるか

齋藤公二 (インサイト)

2015-02-02 14:59

 ユニアデックスと日本ティーマックスソフトは1月29日、日本ティーマックスソフトが展開するデータベース製品「Tibero RDBMS」の互換技術検証に関する説明会を開催。同製品が、「Oracle Database」特有のSQLやデータ型、独自表記、PL/SQLと互換性があり、移行先候補として有力であることを訴えた。

 Tibero RDBMSは、韓国TmaxSoftが開発販売するリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)製品。2003年6月にリリースされ、2008年11月リリースのTibero 4.0では、世界で2番めに共有ディスクベースのクラスタ技術に対応。野村證券のメインフレームマイグレーションへの適用、米金融業への導入など実績を積んできた。

 2011年10月リリースのTibero 5.0では、クラスタリング技術を強化し、Oracle RAC同等の機能という「TAC(Tibero Active Cluster)」を提供した。現在、Tibero 6.0のリリースに向けて、機能拡張を進めている段階だ。

早水光祥
日本ティーマックスソフト 代表取締役社長 早水光祥氏
羅鐘弼氏
日本ティーマックスソフト 副社長 羅鐘弼氏

 日本ティーマックスソフト代表取締役社長の早水光祥(はやみず・みつよし)氏は、Tiberoの国内展開について「2000年に日本法人を設立し、メインフレームマイグレーション向けソフトOpenFrameを展開してきた。Tiberoは、戦略製品として2014年に市場に投入した製品。ユニアデックスとのパートナリング契約で2015年は大幅な売上拡大を目指す」と説明した。

 技術を統括する副社長の羅鐘弼(ら・じょんぴる)氏は、Tiberoのアーキテクチャについて「マルチプロセス、マルチスレッドアーキテクチャを採用し、安定性と性能を確保している。また、標準開発インターフェースを使った開発の効率化、他社DBMS製品やサードパーティツールとの互換性にも優れている」と解説した。

 羅氏は、Oracle DBとTibero、オープンソースソフトウェア(OSS)のDBを比較したうえで、「Tiberoは、Oracle DBと機能、互換性が高く、オプション機能の一部については標準機能として提供している。パブリッククラウドへの適応度、クラウド環境でのコア単位での従量課金、固定のサポート料、要望への柔軟で迅速な対応といった点では、Oracle DBよりも優れる」とアピールした。

 日本オラクルは2011年11月、Oracle Premier Support料金を毎年上がるシステムに切り替えた。ライセンス単価×22%にくわえ数パーセントずつ加算されるため、Oracle DBからの移行を検討する企業が増えたとされる。公表されているライセンス単価は、Oracle Database Enterprise Editionが1プロセッサあたり516万3000円。

 Tibero RDBMS 5.0 Enterprise Editionは、1プロセッサあたり335万5900円だ。日本ティーマックスソフトによると、実際にサポート料の変更を理由として、Oracle DBからTiberoに移行した企業は国内でも複数存在しているという。

 「Tiberoのサポート料は年一律で、ライセンス料やオプション利用料を含めると、およそ半分のコストで利用できる。Oracle DB用に開発されたアプリケーションをそのまま動かすことができるので、移行コストは最小限で済む」(羅氏)

 実際にどのような互換性があるかについては、ユニアデックスが検証結果を報告した。今回紹介された項目としては、SQLの互換性、同時実行制御とロックの粒度に関する互換性、バックアップ/リカバリ機能の互換性、可用性対応、ツール・ユーティリティの互換性の5つとなる。

 SQLの互換性については、データ型、独自表記、PL/SQLが修正せずコンパイル、実行可能かを検証した。たとえば、データ型では、独自に拡張されたVARCHAR2、TIMESTAMP、ROWIDなどがあり、独自表記には、外部結合のOUTER JOINを(+)と表記することなどがあるが、これらはいずれもTiberoでサポートできていたという。

 次の同時実行制御とロックの粒度については、Tiberoでは、Oracle DBと同じ読み取り一貫性の機構「MVCC」方式を採用しており、Oracle DBと同じ「完全行レベルロック」を実現しているとした。他DBMSへの移行では、読み取り方式やロック粒度の違いで性能に影響が出るが、同一の仕組みであるため、アプリケーションの改修は基本的に不要だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]