Oracle DBインメモリ製品、日本でも提供--OLTPとDWHを同時に高速化

森英幸 2014年07月28日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは7月23日、「Oracle Database(DB)」にインメモリ機能を追加するオプション製品「Oracle Database In-Memory」の提供を開始した。Oracle DBのユーザー企業は、同製品を追加することで既存のアプリケーションに変更を加えることなく、インメモリデータベースの高速性を手に入れられることになる。

1300倍も高速化

 提供が開始されたDatabase In-Memoryは、「Oracle Database 12c Enterprise Edition」にインメモリ機能を追加するオプション製品であり、価格は1CPUあたり250万円。この製品を追加することで、アプリケーションの変更なしでOracle DBで構築されたシステムをインメモリデータベース化し、圧倒的な高速処理を実現できるという。

杉原博茂氏
日本オラクル 代表執行役社長兼CEO 杉原博茂氏

 日本オラクル代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)の杉原博茂氏は、「日本オラクルは、2020年までにクラウドナンバーワン企業として認知されるという目標を『VISION2020』として掲げているが、クラウドでは人とモノ、モノとモノの間で膨大なデータがリアルタイムにやりとりされる。ビジネスでは、そのリアルタイム性にどこまで経営が追いついていけるかが非常に重要な課題になる。Database In-Memoryは、リアルタイム経営を実現する上でキーとなるテクノロジ」とした上で同製品による高速化の検証結果を紹介した。

 例えば、「Oracle PeopleSoft」を使用した財務分析では、4時間18分かかっていた処理がインメモリ化で11.5秒に短縮、実に1300倍の高速化を実現できたという。

 杉原氏は「日本にはOracle DBの顧客が2万8000社あり、まずはこの既存顧客に使っていただきクラウド時代のビジネスに貢献したい。データベース市場でナンバーワンのオラクルが、インメモリ市場でもナンバーワンを獲得する」と新製品にかける意気込みを見せた。

Database In-Memory導入による処理性能向上の検証結果
図1:Database In-Memory導入による処理性能向上の検証結果(日本オラクル調べ)

行と列のフォーマットを同期させる

 米OracleでOracle Database製品管理 バイスプレジデントを務めるTim Shetler氏は、Database In-Memoryの開発では「リアルタイム分析」「高速なオンライントランザクション処理(OLTP)」「容易な導入」の3つが目標として挙げられたと説明する。

 従来のデータベースでは、OLTPにはロー(行)フォーマット、データウェアハウス(DWH)にはカラム(列)フォーマットと、目的に合わせてフォーマットを選択していたが、Database In-Memoryでは、1つのテーブルを、ローフォーマットとカラムフォーマットの両方でメモリ上に保持する「デュアルフォーマットアーキテクチャ」を採用することで、分析とトランザクションを同時に高速化することに成功したという。

Database In-Memoryのデュアルフォーマットアーキテクチャ
図2:Database In-Memoryのデュアルフォーマットアーキテクチャ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算