SAPが語るインメモリ--HANAとOracleの違いとは

大河原克行 怒賀新也 (編集部) 2015年06月15日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インメモリ技術による「超」高速データ処理を特徴とするデータベースソフトウェア「SAP HANA」だが、SAPは、特徴はそれだけにとどまらないとする。それは設計思想そのものにも起因し、他社にはない利点を生み出しているという。

 HANAは、2010年に市場投入。第1号ユーザーとして野村総合研究所が導入して以来、これまでに世界で4000社以上が導入、利用し、そのうちの3分の1以上が、HANA上の統合基幹業務システム(ERP)である「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を利用しているという。

 HANAの最大の特徴は、インメモリ技術による高速処理である。すべてのデータをメモリ上で処理するインメモリコンピューティング技術により、ハードディスクのデータベースと比べて、数千倍から数十万倍のパフォーマンスを発揮できるとする。

 だが、インメモリによる高速性は、他社と同じ道筋を歩んでいるに過ぎず、当然の道程であると、SAP Asia Pacific Japanのデータベースおよびアナリティクス担当シニアバイスプレジデント、Paul Marriott氏は語る。


Paul Marriott氏は、インメモリ処理におけるHANAとOracle Database 12cインメモリオプションの違いを図で書き始めた。

 「唯一、インメモリに特化したHANAは、Oracle Database 12cのインメモリオプションと比べても3倍速い。だが、それだけで価値は低い。HANAの強みは高速性だけでなく、むしろほかの部分にある」

 呼応するように、独SAP プラットフォームソリューションズグループのグローバルバイスプレジデントを務めるPaul Young氏は、HANAの特徴としていくつかの要素をあげ、それについて説明する。

同一DBでトランザクションとアナリティクスの両方を

 「1つめは、同一のデータベースで、トランザクションとアナリティクスの両方を実施できるという点。これは他社との大きな違いだ。Oracle Database 12cのインメモリオプションは、コピーを作ってクエリの高速化を実現するが、同じデータが重複して存在するため、複雑性が増すという課題がある。また、Exalyticsを利用したり、Hyperionを利用したりするたびに、またコピーを作らなくてはならない。1つのデータセットを利用するのに比べるのと、スマートとは言えない」(Young氏)

 Marriott氏は「トランザクションシステムとアナリティクスシステムが分断していたことによって、重複データやシステムの複雑さが発生している。これを解消しているのがHANAの強みだ」と続ける。 HANAの製品構造面でのシンプルさは、他社にはない特徴というわけだ。

 2つめは、さまざまなデータを活用し、リアルタイムに分析できるという点。「HANAはデータベースが得意とする構造化データのほか、地理空間データ、ソーシャルデータなどの非構造化データのすべてが1台に入る。それをリアルタイムで処理することができる。時間や場所、利用者が持つ制約をなくし、リアルタイムビジネスが実現できるのがもう1つの特徴だ」と同氏。

 もちろん、Oracleとしても「既存のデータベースに一切手を入れずにインメモリ処理を実行できる」など、さまざまな言い分があると考えられるが、SAPとしては、インメモリに特化したアーキテクチャを作り上げていることを強調する格好となった。


Marriott氏が書いたアーキテクチャの違い。Oracleのアーキテクチャはコピーを多用するのに対し、HANAはシンプルな構造であると強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算