編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

SAPが語るインメモリ--HANAとOracleの違いとは

大河原克行 怒賀新也 (編集部)

2015-06-15 06:30

 インメモリ技術による「超」高速データ処理を特徴とするデータベースソフトウェア「SAP HANA」だが、SAPは、特徴はそれだけにとどまらないとする。それは設計思想そのものにも起因し、他社にはない利点を生み出しているという。

 HANAは、2010年に市場投入。第1号ユーザーとして野村総合研究所が導入して以来、これまでに世界で4000社以上が導入、利用し、そのうちの3分の1以上が、HANA上の統合基幹業務システム(ERP)である「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を利用しているという。

 HANAの最大の特徴は、インメモリ技術による高速処理である。すべてのデータをメモリ上で処理するインメモリコンピューティング技術により、ハードディスクのデータベースと比べて、数千倍から数十万倍のパフォーマンスを発揮できるとする。

 だが、インメモリによる高速性は、他社と同じ道筋を歩んでいるに過ぎず、当然の道程であると、SAP Asia Pacific Japanのデータベースおよびアナリティクス担当シニアバイスプレジデント、Paul Marriott氏は語る。


Paul Marriott氏は、インメモリ処理におけるHANAとOracle Database 12cインメモリオプションの違いを図で書き始めた。

 「唯一、インメモリに特化したHANAは、Oracle Database 12cのインメモリオプションと比べても3倍速い。だが、それだけで価値は低い。HANAの強みは高速性だけでなく、むしろほかの部分にある」

 呼応するように、独SAP プラットフォームソリューションズグループのグローバルバイスプレジデントを務めるPaul Young氏は、HANAの特徴としていくつかの要素をあげ、それについて説明する。

同一DBでトランザクションとアナリティクスの両方を

 「1つめは、同一のデータベースで、トランザクションとアナリティクスの両方を実施できるという点。これは他社との大きな違いだ。Oracle Database 12cのインメモリオプションは、コピーを作ってクエリの高速化を実現するが、同じデータが重複して存在するため、複雑性が増すという課題がある。また、Exalyticsを利用したり、Hyperionを利用したりするたびに、またコピーを作らなくてはならない。1つのデータセットを利用するのに比べるのと、スマートとは言えない」(Young氏)

 Marriott氏は「トランザクションシステムとアナリティクスシステムが分断していたことによって、重複データやシステムの複雑さが発生している。これを解消しているのがHANAの強みだ」と続ける。 HANAの製品構造面でのシンプルさは、他社にはない特徴というわけだ。

 2つめは、さまざまなデータを活用し、リアルタイムに分析できるという点。「HANAはデータベースが得意とする構造化データのほか、地理空間データ、ソーシャルデータなどの非構造化データのすべてが1台に入る。それをリアルタイムで処理することができる。時間や場所、利用者が持つ制約をなくし、リアルタイムビジネスが実現できるのがもう1つの特徴だ」と同氏。

 もちろん、Oracleとしても「既存のデータベースに一切手を入れずにインメモリ処理を実行できる」など、さまざまな言い分があると考えられるが、SAPとしては、インメモリに特化したアーキテクチャを作り上げていることを強調する格好となった。


Marriott氏が書いたアーキテクチャの違い。Oracleのアーキテクチャはコピーを多用するのに対し、HANAはシンプルな構造であると強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]