編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

SAPが語るインメモリ--HANAとOracleの違いとは - (page 3)

大河原克行 怒賀新也 (編集部)

2015-06-15 06:30

 昨今、スポーツ分野にも注目が集まっている。

 Marriott氏は「スポーツ分野やエンターテメイント分野において、HANAを活用したアナリティクスの実績は非常に分かりやすいもの。それはビジネスでも活用できるものである」とする。

 F1ではマクラーレンがマシンの走行状態をHANAでリアルタイム分析し、最適なレース運びに活用しているほか、ドイツでは、サッカーブンデスリーガでバイエルン・ミュンヘンなどのチームが、選手の育成や戦術理解にHANAを活用している。今後もスポーツ分野での活用を広げていく考えだという。


SAPのプラットフォームソリューショングループで、グローバルバイスプレジデントを務めるPaul Young氏

 Young氏は「データベースは最終的に、どんな価値が得られるのかが重要」と前置きする。「HANAが目指したのは、フォード創業者であるHenry Fordが目指したものと同じだ」とする。

 「当時の人々にどんな移動手段が欲しいかと聞いたら、多くの人が、速く走る馬が欲しいと答えた。いまのデータベースは、それと同じで、速い馬を育成することに、競合他社は力を注いでいる。しかし、SAPが、HANAで取り組んでいるのは、クルマを作ることだ。考え方の根本を変え、スマートな形で解決できるものを提案している。世の中は、すべての人が馬を降りて、クルマに乗る決断をした。データベースは40年も経っている。そこから脱却して、インメモリ処理に特化し、トランザクションとアナリティクスをひとつのデータから分析し、将来を予見できる新たなデータベースに移行しなくてはならない」と語った。


2014年ブラジルW杯にドイツが優勝した背景に、HANAによる徹底したアナリティクスがあったことが広く知られている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]