日揮情報ソフトウェア、BPMNオンライントレーニングサービス「BPMessentials.com」を提供開始

CNET Japan Staff 2008年01月10日 20時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日揮情報ソフトウェアは1月10日、BPM(ビジネスプロセス管理)およびSOA(サービス指向アーキテクチャ)の推進に不可欠なビジネスプロセスモデリング手法のオンライントレーニング「BPMessentials.com」日本語版の提供を開始したことを発表した。

 このトレーニングは、BPMスペシャリストを育成することを目的に、米国を中心に2007年春から提供されているBPMessentials.comの教育カリキュラムを日本語で提供するもの。今後日本国内でも需要が見込まれるBPM/SOAの推進役となる業務改善担当者およびIT技術者の育成を推進すると共に、BPMスペシャリストのビジネスプロセス可視化スキルを評価するグローバル資格認定制度を提供する。

 同トレーニングカリキュラムは、IT利用技術の標準化組織であるOMG(Object Management Group)が規格化したBPMN(ビジネスプロセスモデリング表記法)を採用。業務分析からプロセス改善設計、改善効果分析、SOAアプリケーションへの実装設計など、ビジネスとITの統合に必要なビジネスプロセスの分析/設計方法をツールを使いながら学習できる。

 受講料は、1名あたり9万8000円(税別)。初回ログイン後30日間有効になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから