iPhoneとiPod touchに複数の深刻な脆弱性

2008年01月17日 18時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バージョン1.1.2以前のiPhoneおよびiPod touchに複数の深刻な脆弱性が存在する。Secuniaが16日に報告したもの。セキュリティバイパスおよびクロスサイトスクリプティング(XSS)、システムアクセスの脆弱性で、影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 Safariには、URLの処理における不特定のエラーが存在し、ユーザーが細工されたURLにアクセスした際に、メモリーエラーを引き起こすことができる。攻撃が成功すると、任意のコードが実行可能となる。

 また、フレームにおけるエラーを利用してクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を行うことができるという脆弱性も存在する。

 緊急通話の処理におけるエラーは、Passcode Lockの機能を迂回させ、iPhoneへの物理的にアクセス可能なユーザーがPasscodeなしで、任意のアプリケーションを実行することを許してしまう。

 これらの脆弱性を解決するには、バージョン1.1.3にアップデートすること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?