データセンターの回線総量、20Gbpsが最多--年々増加傾向に

奥山順子 2008年04月10日 20時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インプレスR&Dのシンクタンク部門、インターネットメディア総合研究所は4月10日、インターネットデータセンターに関する調査を実施、結果を発表した。

 発表によると、データセンター事業者の回線総量は「20Gbps以上」(32.7%)が最も多い。2005年と比較すると、最も多かったのは「10Gbps未満」(29.5%)で、20Gbps以上は18.2%にとどまっていることから、回線総量は増加傾向にあることがうかがえる。

 10Mbps専有の回線月額費用では、「52万5000円未満」(39.5%)が最も多く、主流は2005年と変わっていないものの、「10万5000円未満」と「21万円未満」の合計で比較すると、2005年は6.8%に対し、2008年は34.9%と低価格化が進んでいることがわかる。

 利用しているオプションサービスとしては、「回線の監視」(59.3%)が最も多く、次いで「サーバー機器類のリスタート」(53.9%)、「ファシリティーの監視」(48.4%)が続く。さらに、利用していないが、今後は利用したいオプションサービスとしては「ミドルウェアの再インストール」(25.4%)や「アプリケーションの再インストール」(25.4%)、「サーバーソフトの再インストール」(24.7%)が多く挙げられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?