MS、7月の月例パッチを予告--全4件の「重要」な脆弱性に対応

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年07月04日 06時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月3日、来週8日にリリースが予定される、4件のセキュリティパッチに関する情報を発表した。Microsoftは、毎月第2火曜日に行う月例パッチのリリースに先立って、IT部門が事前に備えられるように情報を提供している。4件のセキュリティパッチは、すべてMicrosoftの深刻度評価で上から2番目の「重要」に分類される。

 今回のリリースパッチの中でも、2件はWindowsの脆弱性に関連しており、1件はリモートでのコード実行、別の1件はなりすましの危険性がある。また、WindowsおよびMicrosoft SQ Serverに関連したセキュリティパッチもリリースされ、特権の昇格に関する脆弱性を修正する。最後に、Microsoft Exchange Serverに影響するセキュリティパッチの提供も予定され、こちらも特権の昇格に関する脆弱性が修正される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?