グーグル、ロシアの広告企業買収で合意

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、小林理子 2008年07月22日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアのインターネットメディアグループRambler Mediaは、広告部門ZAO BegunをGoogleに売却し、検索と広告にGoogleの技術を採用することに合意した。

 Ramblerが米国時間7月18日に明らかにしたところによると、同社が現在保有しているBegunの株式50.1%に加え、残る49.9%を保有企業のBannatyneから買い取った上で、全株をGoogleに現金1億4000万ドルで売却するという。Googleが出す買収金額のうち6990万ドルはBannatyneに渡るとRamblerはしている。Ramblerはこの取り引きで最終的に5000万ドルの利益を見込んでおり、これは投資や将来の買収の資金に充てられるという。

 この買収は、依然としてポータルサイトのYandexが検索を支配するロシア市場への進出に向けた、Googleの取り組みが拡大すること示している。RamblerによるとBegunの広告主は4万社以上で、提携ネットワークのロシア語サイトは14万3000サイトを超えるという。

 広告に関してRamblerは、検索向けおよびコンテンツ向けの「Google AdSense」を採用する。

 Googleの新興成長市場担当マネージングディレクターであるMohammad Gawdat氏は発表で「この同意は、オンライン広告が現在急速に成長しているロシアに投資をするという、わが社の方針を示すものだ。ユーザーにはより関連性の高い検索と広告を、広告主とパブリッシャーにはビジネスの成功につながるより優れた広告技術を提供できる機会が得られることを、本当にうれしく思っている」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR