編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

カスペルスキー会長が語る:ロシア市場、IPO、企業買収、業界再編

冨田秀継(編集部)

2008-07-10 22:46

 IT企業による大型IPOのニュースがめっきり減った昨今、ロシアが元気だ。

 検索サイトを運営するYandexはYahooの元幹部を招聘し、ネット企業の屋台骨となる研究開発部門を充実させた。年内の米株式市場への上場を視野に入れての増強だ。comScoreの調査によると、Yandexはロシアの検索市場において1位。Googleを超えるシェアを保有している。ポータルサイトとしても国内外の競合を抑えて1位を獲得している。

 ロシア第2位のポータルサイトのmail.ruも年内にはロンドンで上場するべく、準備を進めている。

 どこの国もまずはネット企業が人気を集めるようだが、ロシアのIT企業にはセキュリティベンダーとして日本でも著名なKaspersky Labがある。

 Kaspersky Labは、現CEOのEugene Kaspersky氏、現会長のNatalya Kaspersky氏らが立ち上げたセキュリティ企業。現在までプライベートカンパニーとして運営されているが、昨年8月、IPOに向けた組織改編を実施した。

 ロシアのIT市場やKaspersky Labの事業戦略について、同社会長のNatalya Kaspersky氏に話を聞いた。なお、同氏はDLP(情報漏えい対策)製品を手がけるInfoWatchのCEOも兼務している。

Kaspersky Lab会長でInfoWatchのCEOを務めるNatalya Kaspersky氏 Kaspersky Lab会長でInfoWatchのCEOを務めるNatalya Kaspersky氏

Yandexやmail.ruはIPOに向けて着々と準備を進めている。外からはロシアのIT市場が加熱しているように見えるが、市場をどう見ているか?

 IT市場のプレイヤーをインターネット企業とソフトウェア企業の二つに分けて考えてみたい。

 まずはじめに、ロシアのインターネット関連市場はとても加熱している。インターネットはもはやファッションの世界だ。昨年、Yandexは上場する考えを公に示したが、彼らのIPOが成功するかどうかは正直分からない。ただ、現時点において、Yandexには上場するだけの能力があると考えている。このタイプの企業は、ロシアで大きく成功できる位置にあると言えるだろう。

 一方のソフトウェア企業はロシアにそれほど多くはなく、またロシア国外に展開している企業はもっと少ない。そのため、市場はロシアのソフトウェア企業を二つの点で判断している。

 その第1点が経済的な要因だ。ロシア経済はこの点において非常に優秀で、2007年度のGDP成長率が7%と非常に大きな数字をたたき出している。これが、ロシア経済が優良であり、経済がロシア企業への投資を妨げるものではないと言える要因だ。

 第2点は市場に大量の資金が流れ込んでいることだ。今ではロシアに多くの銀行、多国籍企業が進出しており、これらがロシア市場で多くの投資を行っている。90年代後半は資金の獲得に難航していたロシア市場が、現在は豊富な資金を有しているのだ。

 以上の点から、ロシアのIT市場は急発展しており、最高に良い時を迎えていると言える。ネット企業にとっては特にそうだろう。

投資家やIT業界の関係者は、Kaspersky Labがいつ上場するのか、どこに上場するのかに注目している。今年になるのか、来年になるのか……。昨年8月にIPOに向けて経営体制を整えたが、その後の進捗はどうなっているのか?

 来年も今年も、現時点においては「ない」としか言えない。

 と言うのも、取締役会や株主総会において、IPOに関する意志決定を一つも行っていないからだ。我々の株主は上場したがっているが、今はまだあなたに良いニュースを伝えることができないのが現状だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]