米ソフォス、独セキュリティ企業のTOBを開始

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月29日 11時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のインターネットセキュリティプロバイダーSophosは米国時間7月28日、データ損失および暗号化分野を専門とするドイツのソフトウェアメーカーUtimaco Safeware AGの買収額として、3億4000万ドルを提示したと発表した。

 ボストンに拠点を置くSophosは28日、Utimacoに対する株式公開買い付け(TOB)を開始すると発表した。Sophosは、買い付け額として、Utimacoのすべての発行済み株式を対象に、直近の引け値に92%のプレミアムを上乗せした23.11ドルを提示している。また、これに伴い、SophosはUtimacoの最大の株主であるInvestcorp Technology Partnersとの間で、Investcorpが保有するUtimaco株(発行済み株式総数の24.99%)を現金と株式で買い取る契約を締結したと発表した。

 Sophosの最高経営責任者(CEO)、Steve Munford氏は今回の買収について、「友好的買収」としている。

 「Utimacoは、われわれのデータ保護戦略の要となる」(Munford氏)

 Utimacoはフランクフルト証券取引所に上場している。Sophosは、10月に買収を完了し、2009年の第1四半期までに両社を完全に統合する予定だ。買収後、UtimacoはSophosの一部門となる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから