DNSキャッシュポイズニングに対するアップルのパッチは不十分?

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年08月03日 06時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが(遅ればせながら)DNSキャッシュポイズニング脆弱性に対するパッチを公開してから24時間経たないうちに、OS X 10.4.11のDNSクライアントは未パッチであるという報告が出てきている。

 nCircleのAndrew Storms氏によれば、完全にパッチされたOS X 10.4.11のシステムのクライアントライブラリは、ソースポートの乱数化を実装していない。これは、DNSキャッシュポイズニング脆弱性攻撃に対する耐性を向上させるために推奨されている措置だ。

 Storms氏はパッチされたFreeBSD 6.3のシステムとパッチされたOS X 10.4.11のシステムを比較している。

FreeBSD 6.3

08:49:58.405934 IP [BSD].64328 > [SERVER].domain: 39741+ A? www.yahoo.com. (34)
08:50:02.708123 [BSD].51023 > [SERVER].domain: 45758+ A? www.yahooooo.com. (35)
08:50:07.625034 IP [BSD].50648 > [SERVER].domain: 23806+ A? www.www.net. (29)

OSX 10.4.11

08:05:47.741385 IP [OSX].49193 >[SERVER].domain: 55613+ A? www.cnn.com. (29)
08:05:48.207547 IP [OSX].49194 >[SERVER].domain: 1106+ PTR? 21.91.236.64.in-addr.arpa. (43)
08:05:51.717245 IP [OSX].49195 >[SERVER].domain: 27650+ A? www.cnn.com. (29)

 この結果は、OS X 10.4.11ではソースポートの乱数化が行われていないことを明確に示している。

 OS Xの再帰名前サーバはほとんど使われていないため、Appleにとっては、クライアントライブラリにパッチを当てることがもっとも重要なことだ。しかし結論を言えば、今回アップデートが行われたにも関わらず、クライアントライブラリにはまだパッチが当てられてないようだ。

 Appleはセキュリティの問題に関してメディアからの問い合わせに応じていない。

 以下の記事も参照して欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!