高機能テキストエディタ、Vimを使ってみる

Justin James (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2011年09月28日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 viは主にキーボードのみで使用するエディタで、標準モードではコマンドを入力するようになっている。テキストの編集は、コマンドを実行した結果として行われる。「挿入」コマンドを入力すると、viはよくあるテキストエディタの通常の入力モードに似たモードに入る。

 わたしは普段からviを使っているが、未だにコマンドは5つか6つしか知らない。このため、Vimと呼ばれるviの「改良版」を詳しく調べ、自分のコーディング作業のニーズに合致するかどうか検討してみることにした。

Vimを試してみた4つの理由

  • わたしが尊敬している多くの人が、コードエディタとしてVimを信頼している。
  • わたしは、普段使っているアプリケーションが利用できない、UNIX系のシステムで時々仕事をする。システムを直接操作できるのに、自分のデスクトップに何度も戻って、makeや修正を行い、それをアップロードする作業を繰り返すのは苦痛だ。
  • わたしは最近、Microsoft環境の外で活動していることが多い。例えば、わたしはようやく自分の個人的な開発をすべてTFSからMercurialに移行し、TFM VMをシャットダウンして、その分のRAMを他のもっと役に立つVMで使うようになった(今後 Kiln + FogBuz のテストをする予定だ)。
  • 最近IronRubyを試してみた際にVisual Studioの使い勝手に不満が残ったこともあり、Vimの方がよい選択肢かどうか調べてみたかった。

Vimのインストール

 わたしはVimのウェブサイトから、gVimのパッケージをダウンロードしてインストールした。パッケージは小さく、インストールはすぐに終わった。Visual Studioプラグインのインストールも提供されたが、インストール後もVisual Studio 2008でも2010でもこのプラグインを見ておらず、ドキュメントではこの話題についてはっきり書かれていない。(Vimは無料でオープンソースだが、作者は寄付を募っており、わたしは寄付することにした)。

Vimについて学ぶ

 Vimは機能が豊富なアプリケーションだ。何冊かの解説本に値するだけのテキストエディタだと言える。Vimは多くの意味でWordPerfect 5.1を思い起こさせた。非常に強力で、キーボードで操作するエディタであり、活用するにはそれなりの時間と熱意が必要だが、それだけの価値がある。

 チュートリアル(ほとんどの主要なコマンドを一通り理解できる)を通じてVimについて多くのことを学んでみると、普段からVimを使っている人たちがこれを信頼している理由が理解できた。学ぶだけの時間を取れれば、Vimは非常に強力だ。簡単な工夫で個々の語句や行、複数の語句や行に対してコマンドを適用する方法などの細かいことを理解すれば、作業を大幅にスピードアップできる。

 Vimは他のエディタとはかなり異なっており、違う考え方でアプローチする必要がある。Vimのやり方を本当に自分のものにしない限り、Vimを最大限に活用することはできない。Vimは自分の活動をあらゆる面で「最適化」しようとする人向けのものであり、そうでないタイプの人は、このコードエディタを生かすことはできないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題