デル、エンジニアが直接出向く「Dell|EMC」向け定期診断サービスを開始

WebBCN (BCN) 2005年04月12日 12時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デル(浜田 宏社長)は、ネットワークストレージ「Dell|EMC」シリーズのシステムを定期的に診断するサービス「Dell|EMC SANヘルスチェック・サービス」を4月20日から開始する。提供地域は、関東・中部・関西・九州の各エリア。エンタープライズ・サポートパッケージの上位メニュー「ゴールド」のオプションとして提供するもの。価格は、年に2回訪問する1年契約の場合で57万円から(Dell|EMC CXストレージ1台、FCスイッチ2台まで、サーバ4台までのシステムの場合)。

 エンジニアがユーザーを定期的に訪問し、「Dell|EMC」システムとストレージに接続されたサーバー「PowerEdge」の稼動状況について調査・解析を行う。診断結果を分析し、改善案を提案することで、システム障害を未然に予防する。さらに、エンジニア自身がユーザーのシステム状況を保持・管理することで、万が一障害が起きた場合でも迅速で適切な対応を取れることを目指した。

 同社は以前から、ストレージシステムの構築や保守サービスなどに注力しており、今回、新たに、定期診断サービスを追加することで、システムのライフサイクル全般をサポートする体制を整えた。

デル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR