システムソフト、一斉連絡・安否確認など、防災関連システムのASP事業を開始

WebBCN (BCN) 2005年08月24日 12時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システムソフトは、親会社のカテナと協力し、防災関連システムのASP事業 を開始した。これによって、従来は数百万−数千万円を要していた防災・危機 管理システムを、安価に導入することが可能になる。

 今回提供するのは、「一斉連絡・安否確認システム」「避難所運営支援シス テム」「緊急地震速報システム」の3つ。災害時でも確実に稼動するよう、東 京電力系のアット東京が運営するデータセンターを利用し、耐震性に優れたデー タセンター内のサーバで一括管理を行う。

 「一斉連絡・安否確認システム」では、事前に登録しておいた社員・職員の メールアドレス(携帯/パソコン)に対して、災害発生時に一斉に安否確認 (無事/出社可能など)を行う。また、災害後の対応指示の一斉連絡や、社員 ・職員が各自でサーバーにログインして災害状況を参照することも可能。価格 は、初期費用(操作講習会を含む)が25万円から、月額費用が基本料3万円+ 社員1人当たり15円。

 「避難所運営支援システム」では、災害発生時に設置される各避難所と自治 体(市町村)間において、避難所の運営状況、避難者名簿、物資や要員の要請 ・措置など重要情報の双方向の連絡および共有を行うことができる。価格は、 初期費(操作講習会を含む)が50万円から、月額費用が避難所10か所当たり3 万円。

 「緊急地震速報システム」は、気象庁から配信される緊急地震情報に基づき、 大きな揺れが到達する前に、予測震度と余裕時間(秒)を算出して警報などを 配信するシステム。NPO法人リアルタイム地震情報利用協議会(REIC)から同 社が情報配信サーバーの運営を受託し、このサーバーをアット東京に設置する。

 今後も、企業が必要な機能を自由に選択・組合せて利用できるよう、各種の 防災情報システムを小さな単位に部品化・ASP化して提供していく予定で、05 年内には、自治体・企業の被害情報システムや災害情報広報システム(防災ポー タル)などのシステムもASP化する計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化