編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

JBCC、災害対策およびセキュリティ対策の製品やサービスを拡充

ニューズフロント

2005-08-18 19:41

 日本ビジネスコンピューター(JBCC)は8月18日、災害対策およびセキュリティ対策に向けた製品およびサービスの拡充を発表した。データミラーリングにより災害時の連続稼働を実現するシステム「CustomerVision/High Availability」、地震による振動や衝撃からサーバを保護する「除震装置ISO-Base」、情報漏えいリスクを回避するシンクライアント「Secure Terminal」などを新たに提供する。

 CustomerVision/High Availabilityは、本番機からバックアップ機へのデータバックアップをリアルタイムに行い、災害などでシステム障害が発生した場合にスムーズな連続稼働を実現するシステム。システムダウン時も業務を停止することなく継続できるほか、障害復旧時の作業負荷低減や、メンテナンス停止の最小化といった効果も得られる。価格は200万円で、「高可用性ソリューションのなかでは非常に競争力のある価格設定」(同社)。特に中小/中堅企業向けとして、同システムとサービスをパッケージ化した「災害対策安心パック」も用意する。

 除震装置ISO-Baseは、地震などの強烈な振動や衝撃を除去してコンピュータを保護する。1セットで1360kgという高い耐荷重性を達成し、阪神淡路大震災に相当する振動を除ける。上下振動にも対応している。

 Secure Terminalは、ハードディスクなどの記憶媒体を搭載しないシンクライアント端末。データはサーバのみに保管するため、端末からの情報漏えいリスクを回避できる。IBM zSeries(旧S/390)やiSeries(旧AS/400)のエミュレーションが可能なツール「TermPro」を標準搭載しており、従来のダム端末と同等のホストエミュレーション環境の構築が可能。また、冷却ファンやハードディスクを搭載していないため、電力消費量は一般的なデスクトップPCの5分の1以下で済む。

 さらに、同社はデータセンターサービス「JBCC Internet Data Center」と、システム遠隔監視サービス「システム運用監視サービス」も提供する。

日本ビジネスコンピューターのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]