編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

JBCC、障害発生時にシステムの連続稼動を可能にする新ソリューション

WebBCN (BCN)

2005-08-10 11:39

 日本ビジネスコンピューター(JBCC、石黒和義社長)は、システムの障害発生時にもバックアップ機によりシステムの連続稼動を行い、迅速な復旧を可能にするソリューション「Customer Vision/High Availability」を8月15日に発売する。

 同ソリューションは、データ・ミラーリングにより、メイン機からバックアップ機にリアルタイムにデータをバックアップするもの。万が一システム障害が発生した場合でも、スムーズな連続稼動を可能にする。システムがダウンした際のビジネス活動の停止を回避し、障害復旧時における作業負荷を低減できるほか、計画的なメンテナンス時のシステム停止を最小限に抑えることに役立つ。バックアップ機を開発、テスト、Query照会などに利用することも可能だ。

 また、同社のオリジナルソフトウェア「SCREEN COPY」を同梱している。「SCREEN COPY」は、Windowsの複数の画面イメージを自由に選択、レイアウトし、ワンタッチで画面イメージを印刷、保管、コピーできるパッケージソフトで、この機能を利用して管理画面をキャプチャーすることで、社内運用マニュアルや管理ログ資料の作成も容易になる。

日本ビジネスコンピューター

「Customer Vision/High Availability」

「SCREEN COPY」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]