アボセント、既存のPCを流用する、手軽なシンクライアント・ソリューション

WebBCN (BCN) 2005年10月18日 11時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アボセント(関根光次ジェネラル・マネージャー)は、PC本体のインター フェイスポートとユーザーステーション間を延長するだけの簡単なシンクライ アントソリューション「LongView シリーズ」3機種を11月に発売する。

 ラインアップはPS/2対応の「LV1000P-105」とUSB対応の「LV1000U-105」に 加え、ユーザーステーションのみの「LV1000R-105」の3機種で、価格はすべて オープン。専用のサーバーインターフェイスモジュールを使ってPC本体のUSB などのインターフェイスポートとLongView本体をCAT5ケーブルでつなぐだけで 専門知識も必要とせずに既存のPCを流用できる。このため小規模なオフィスで もシンクライアント環境を簡単に実現できる。

 シンクライアントソリューションのほか、店舗での顧客対応、監視・管理な どでの利用も可能。さらに、I/Oポートとユーザーとの間は最大300mまで隔離 ・延長可能なため、展示会、セミナー、デモ、検証などに利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから