トレンドマイクロ、中小企業向けの総合セキュリティソフトを発表

エースラッシュ 2005年11月07日 18時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは11月7日、運用や管理コストの低減を図る中小企業向けの総合セキュリティソフト「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」を、2006年1月5日から出荷開始すると発表した。

 今回発表された「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」は、従来の「Trend Micro Client/Server Security」から名称を変更、大幅に機能強化した総合セキュリティソフトだ。従業員100名以下の中小企業を対象としており、ウイルスなどに対して予防から復旧までの自動処理を実現している。また、セキュリティ情報を一覧化できるウェブ管理コンソール「セキュリティダッシュボード」を採用している。セキュリティダッシュボードでは1つの画面でネットワーク内のセキュリティ情報を一覧できるため、セキュリティ対策や運用容易となっている。

 パッケージ版の標準価格は5ユーザーが税別7万3500円、10ユーザーが14万7000円、25ユーザーが34万5000円。ライセンス版の標準価格は50ライセンスで税別65万円となっている。トレンドマイクロでは、同製品について発売後1年間の販売目標額を15億円としている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!