日本HP--導入後すぐに使える中小規模向けエントリNASサーバを発売

ニューズフロント 2005年11月25日 15時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は11月25日、x86サーバ「HP ProLiant」ベースの新型エントリNASサーバ「HP ProLiant DL100 G2 Storage Server」の販売を開始した。税込み価格は33万6000円から。12月上旬に出荷を開始する。

 新型NASサーバは、約50ユーザーまでという中小規模環境向けの1Uサイズラック型ファイルサーバ専用機。ストレージサーバ用OSであるMicrosoft Windows Storage Server 2003(SP1適用済み)がプリインストールされており、導入後すぐにファイルサーバとして使用できる。

 ハードディスク4台でRAID5構成とし、記憶容量は640Gバイトまたは1Tバイトとなる。サーバ管理にかかわるすべての設定と操作はウェブブラウザから行えるので、「サーバ管理経験の少ない管理者にも操作しやすい」(同社)。無制限CALが付属しているため、ユーザー数が増えても追加コストは発生しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!