Itanium Solutions Alliance、移植済みアプリケーション情報をウェブサイトで公開

CNET Japan Staff 2006年01月18日 03時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bull、富士通、富士通・シーメンス・コンピュータズ、日立製作所、Hewlett-Packard(HP)、Intel、NEC、SGI、Unisysが創立したグローバルアライアンス「Itanium Solutions Alliance」は1月16日、「Itanium Solutions Catalog」をウェブサイトに公開すると発表した。

 Itanium Solutions Catalogは、Itanium搭載アーキテクチャに対応済みの現在利用可能なアプリケーションやソリューションを包括的に網羅した総合カタログ。Itaniumアプリケーションのワンストップの情報源として、同アライアンスのウェブサイトhttps://www.itaniumsolutionsalliance.org/kshowcase/viewにおいて無料で閲覧できる。

 自社アプリケーションの認知拡大を目指すあらゆる組織・団体は、同アライアンスのウェブサイトを通してカタログへの登録を申請できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!