スターリングコマースと日立情報システムズ、金融向けB2Bシステム構築で協業

CNET Japan Staff 2006年01月27日 01時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターリングコマースと日立情報システムズは1月26日、金融業界向けB2Bソリューション分野で協業することを発表した。

 今回の協業で両社は、新しい企業間連携ソリューションを提供したい考えだ。スターリングコマースは、同社のEDI/EAI/BPMプラットフォーム「Sterling Integrator」を提供。日立情報システムズがこの製品を中核に、国内のカード/クレジット業界、保険業界などに向けて、企業間連携ソリューションの販売/提案活動を行う。

 すでに一部のノンバンク向けに、スターリングコマースのSterling Integratorを利用した複数取引先とのデータ連携を可能にする「対外接続ハブシステム」の構築が始まっており、2006年初旬の本番稼動が予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR