マイクロソフト、デバイスメーカー向けに知的財産保護策の強化を発表

CNET Japan Staff 2006年02月11日 05時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月9日、「Windows Embedded」および「Windows Mobile」を使ってデバイスの開発や販売を行うOEM/販売代理店向けの知的財産保護策を強化することを発表した。

 今回強化された保護策は、モバイルデバイスや組み込みデバイスを扱う全世界のパートナー企業が対象。知的財産権上の申し立てからOEMや販売代理店の保護や、ソフトウェアに含まれる特許権、著作権、商標権、および営業秘密などに関連した権利の保護、そして権利防御のための費用(弁護費用など)の補償額の上限撤廃などを含んでいる。

 マイクロソフトでは、強力な知的財産保護策を自社のモバイルデバイスおよび組み込みデバイスパートナーにも提供することで、こうした分野でもオープンソースソフトウェアに対抗したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから