編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、POSシステム用プラットフォームを提供開始

WebBCN (BCN)

2005-05-26 11:00

 マイクロソフトは5月24日、イリノイ州シカゴで開催されているRetail Systems 2005 Conference & Expositionで、同社の新ソフトウェアプラットフォーム「Windows Embedded for Point of Service」の提供開始を発表した。

 同製品は、Windows XP Embedded with Service Pack 2をベースに開発されたPOS(point of service)システム用のプラットフォーム。小売業向けのソフトウェアやサービスに最適化されているほか、バイオメトリクスやワイヤレスネットワークなどの利用が可能になる。顧客から要望が強かった「周辺機器のプラグアンドプレイ機能」も強化し、システムの実装および既存システムと の統合も容易になったという。

 また、今回の発表と同時に、「Windows Embedded for Point of Service Product Catalog」というカスタマー向けのデータベースも公開。さらに同製品で動作が確認されている小売業向けの周辺装置やアプリケーション製品の資料提供も発表した。

Microsoft Corporation
マイクロソフト株式会社

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]